有機野菜とは

最近は、スーパーなどで有機野菜がよく販売されています。
有機野菜は、オーガニック野菜とも呼ばれ、健康に良いとされていますが、一体、どのような野菜なのか、皆さんはご存じでしょうか?有機野菜を食べるなら、安全性を確かめるうえでも、どのようにして作られているのかを知るようにしましょう。


有機野菜とは、化学農薬を使用しないで、有機肥料を使用して作られた野菜です。
日本には有機JAS規格というものがあり、その規格に合っている野菜だけが有機野菜と呼べることになっていますが、その有機JAS規格によると、3年以上化学農薬を使用しないで、堆肥などの有機肥料を使用した土壌で育てた野菜というのが、有機野菜の規格となっています。
しかし、全く農薬を使用していないわけではなく、安全な農薬を決められた量で使用することは規格でも認められていますので、野菜によっては農薬を使用しているものもあります。
農薬を使用していても、安全な農薬に限られていますので、有機野菜の安全性はとても高いと言えます。
どうせ食べるなら、安全性の高い野菜の方が体にも良いですので、積極的に有機野菜を食べて欲しいと思います。


このように、安全性の高い有機野菜ですが、実は、他にも大きな役割があります。
それは、危険な化学農薬を使用しないことで自然を守るということです。
化学農薬はそれだけ土壌や水を汚染していて、田畑の回りにいる生態系を変化させています。
それを食い止めるために有機野菜が栽培され始めたのです。
有機野菜にそのような使命があったとは驚く方も多いと思いますが、なおさら積極的に食べようという気持ちになったのではないでしょうか。
当サイトでは、有機野菜の美味しさになどについて説明しています。
有機野菜に興味がある方は、是非、読んでみてください。